育てやすさなら断然ミニトマト!

家庭菜園初心者には断然おすすめのミニトマト。「丈夫で失敗しにくい」「栽培期間が短い」「収穫量が多い」など育てやすいポイントを押さえており、育てる楽しみを存分に味わうことが出来ます。また、人気があるので品種数もダントツで多く、選ぶのも楽しみの一つ。
ただ多すぎて逆に迷ってしまう…という悩みも。形や栄養素など選ぶポイントは色々ありますが、まずは「味」で選んでみてはいかがでしょうか。スーパーではお高めのフルーツトマトも食べきれないほど収穫できたり、また市販ではないお目にかかれない品種も育てることができるのは家庭菜園ならではの醍醐味です。

天然アミノ酸のGABAが豊富!

カゴメ GABA リッチトマト
tomato_mi01GABAリッチトマト.jpg
ミニトマト
自根苗

トマト一筋のカゴメの商品、その名の通り「GABA」を多く含むトマトです。「GABA」とは主に抗ストレスや血圧・中性脂肪の安定化などの効果があり、最近注目されている成分。カカオにも含まれているのでチョコレートのパッケージなどで目にすることも多いですね。

Bカロテン豊富でフルーティーなオレンジ色トマト!

カゴメ トマト オレンジまこちゃん
tomato_mi02オレンジまこちゃん.jpg
ミニトマト
自根苗

こちらもトマト一筋のカゴメの商品です。トマトの栄養と言えばリコピンが注目されがちですが、こちらはβカロテン含有量を多くしたトマトです。味は赤いトマトに比べややあっさりしている模様。

ミニトマトの代表選手

千果
tomato_mi03千果.jpg
ミニトマト
接木苗

千果と書いて「ちか」と読みます。スーパーに置いてあるミニトマトの大半がこの品種です。8〜10度と安定した糖度、緻密な肉質でおなじみの味。また育てやすさにも定評があり、とりあえず迷ったらコレを選べば間違いなしの品種です。

人気上昇中! 注目の甘さのフルーツトマト

甘っこ
tomato_mi04甘っこ.jpg
ミニトマト
自根苗

その名の通り甘く美味しい品種。糖度は8〜10度と普通のミニトマトですが酸味が少ないためより甘く感じます。トマト嫌いのお子様にもオススメできる甘さ。果実は20gとやや大きめですが、完熟しても裂果が少ないので美味しい状態で収穫できます。

「ぷよっ」にやみつき!? 感動の新食感!

プチぷよ
tomato_mi05プチぷよ.jpg
ミニトマト
自根苗

皮が薄く、「ぷよっ」とした食感が新しい品種。やや小ぶりの果実が多いのですが、小さいながらも詰まっており、その食感は一度味わうとやめられない。

小さいカラダに秘めた、情熱的な甘さ。

ミニトマトキャロル パッション
tomato_mi06パッション.jpg
ミニトマト
自根苗

実は小さいながらも味がぎゅっーっと濃縮されたパッションなミニトマト。こちらは酸味もしっかりあり、甘いだけじゃないコク深さ。耐病性もあり、育てやすいのも特徴です。

皮が薄く食べやすいミニトマト

ピンキー
tomato_mi07ピンキー.jpg
ミニトマト
自根苗

ミニトマトを一口で食べた時、その「皮」が口に残って気になった、という経験ありませんか?ピンキーなら薄皮で口あたり良好、皮が気になりません! また、皮が薄いからと言って裂果しやすい訳ではなく、むしろ裂果に強く育てやすいのは嬉しいポイント。


食べ方で選ぶトマト品種

食べ方から選びたい方は


品種選びは「食べ方」「調理法」から選びたい方はコチラから!

栽培の手引き

トマト品種TOPページ


まだまだたくさん!トマト人気品種シリーズ一覧はコチラ!

育ててみよう

トマトの特徴・栄養なら


トマトの基本的な情報(特徴や栄養、植え付け時期など)を知りたい方はコチラ!

栽培の手引き

栽培方法はこちら


トマトの詳しい栽培方法や育てる上でのポイント・注意すべきところはコチラ!

ホームセンターバローでは豊富に苗や
用土など関連用品を取り揃えております!
また、ご不明点はお気軽に店舗にて店員までおたずね下さい。

お近くのホームセンターバロー ※現在地情報から読み取ります