トマトの歴史

ナス科ナス属の一年草で、熱帯の地域では多年草として育てられている「トマト」。現在では8,000種類以上の品種がありますが、歴史は浅く古くから愛されてきた食べ物というわけではありません。原産はアンデス山脈で、永らくここのみで栽培されてきました。ヨーロッパに伝来したのは大航海時代の16世紀ですが、その真っ赤な見た目から毒があると考えられ、しばらくは観賞用だったそう。その後イタリアの庶民の間で広まり、18世紀には野菜の一つとして定着したようです。その後爆発的に広まり、品種の数や世界での消費量が野菜の中で一位になったことなどからも、世界中で愛されている野菜だということがわかります。

トマトの種類

世界では8,000種以上、日本だけでも200近い品種数があり、様々な大きさ・形があります。大きさなら「大玉・中玉・ミニトマト」、色なら「赤玉系」「ピンク系」、皮が厚い「イタリア系」など様々な分け方があります。ここではオススメの品種をシリーズごとに紹介していきます。

こだわり接ぎ木苗
ファイトリッチ
ミニトマト
大玉中玉トマト

こだわり接ぎ木苗

タキイ共同開発のこだわりの接木苗シリーズです。品種に合わせて厳選した台木を使用しているので暑さに強く強く、初心者から本格派の方まで満足できる、こだわりのラインナップです。ぜひお試し下さい!

ファイトリッチ

タキイ種苗(株)が開発した、おいしさと健康を兼ね備えた「ファイトリッチ」シリーズの品集の詳細はこちらから。

ミニトマト

まだまだたくさん! シリーズ物以外でおすすめの「ミニトマト」はこちらから!

中玉大玉トマト

他にもたくさん! シリーズ物以外のおすすめ「大玉・中玉トマト」はこちらから!


食べ方で選ぶトマト品種

食べ方から選びたい方は


品種選びは「食べ方」「調理法」から選びたい方はコチラから!

栽培の手引き

栽培方法はこちら


トマトの詳しい栽培方法や育てる上でのポイント・注意すべきところはコチラ!

ホームセンターバローでは豊富に苗や
用土など関連用品を取り揃えております!
また、ご不明点はお気軽に店舗にて店員までおたずね下さい。

お近くのホームセンターバロー ※現在地情報から読み取ります